Information for Action Contact Details:
Mail address: P O Box 245 6906 North Perth, WA, Australia
E-mail: http://www.informaction.org/index.php?main=helpus_contactus Information for Action is a non profit environmental organization committed to environmental change in our global community. Work on the website began in 1999 by President Rowland Benjamin and is maintained by a group of talented volunteers.

漁業

漁業 - 原因

過剰漁業の主な原因は市場の需要にあります。毎年、世界中で8000万トン以上(世界全体の約75%)に及ぶ海産物の捕獲量は国際市場に出回っています。ニシン・キュウリウオ・タラ・ハドコック・パーチ・マグロ・サケ・マス・エビ・フラウンダーなどが世界で重要な海産物です。世界の漁獲量の集合的な価値は700億米ドルとも言われています。

漁業は最もグローバルな食品産業です。そして、世界の漁獲量は近年驚異的なスピードで増え続けています。1950年の世界の漁獲量は1900万トンでしたが、1997年には市場の需要の増加に伴い4倍以上の9000万トンまで増えています。この需要は生息する魚にとって大きな圧力となっています。食糧農業機関(FAO)は魚類の3/4が乱獲され、主な漁業水域の11/15はもう十二分に活用されていると指摘しています。

中国は世界全体の漁獲量の約25%を占める世界一の漁業大国です。(アメリカは約5%)水産資源の危機的な状態が増大している一方で世界20の漁業大国が世界全体の80%の漁獲を続けています。

漁獲量の多い国

1. 中国

6. ロシア

11. インド

16. スペイン

2. ペルー

7. タイ

12. アイスランド

17. 台湾

3. 日本

8. インドネシア

13. フィリピン

18. カナダ

4. チリ

9. 韓国

14. 北朝鮮

19. メキシコ

5. アメリカ合衆国

10. ノルウェー

15. デンマーク

20. ベトナム

漁業における3つの代表的な水産源は沿岸域、公海などの海域での捕獲、湖や河川など内陸での捕獲そして養殖があります。水産業の生産量は羊や鶏をはじめとする家畜を上回ります。現在、辛辣な乱獲の未だ行われていない南半球に最も多くの魚が生息しています。

船と道具があれば誰でも簡単に捕獲が可能な漁獲の自由化は乱獲を招きます。この自由化の元では、自然の海域や魚を個人で所有することはできません。これが意味することはこの自由化は乱獲の自由化でもあるのです。漁船の間に水産資源の保護という考え方は存在しません、なぜなら保護しても別の漁船が捕獲してしまうからです。取るか取られるかなのです。このような考え方では乱獲は激化し、水産資源に大打撃を与え、結果的にこの激減により漁業コストが上昇し現在そして将来の漁業を壊滅してしまうでしょう。

2008年までに漁船の数は漁獲量の2倍の速さで増加し続けてきました。食糧農業機関(FAO)は世界の漁船は需要全体に対して少なくとも30%以上の漁獲量を持っていると推測しています。1970年から1990年の間に世界の漁船数は56万隻から120万隻に増加しました。漁船数のずさんな管理や高速船や魚群探知機などの漁業技術の向上はこの状況を悪化させたといえるでしょう。

漁業は食糧や雇用を生み出し、輸出による収益も高いため、多くの国で政府が自国の水産業に多額の助成金を与えています。漁業による長期的な水産資源や生態系における被害はほとんど考慮されていません。アメリカ政府は毎年水産業に最大500億米ドルの助成金を与えています。

魚が自然の繁殖スピードを超える速さで捕獲されたとき過剰漁業は増加します。これは将来の水産資源における可能性を減少させます。

過剰漁業に加え、水産資源減少を引き起こす原因には以下のような例があります。

  • 混獲(こんかく):混獲とは大きな網などを利用し、漁獲の対象とされている魚と共に、他の魚も漁獲する漁法で、大きさ・種類・性別・性質などが異なる捕獲対象でない魚は生態系にとって非常に重要であるにもかかわらず市場価値が無いため捨てられています。混獲によって3千万トンもの魚が無残にも捨てられています。
  • 漁獲道具の発展に伴う破壊的漁法,技術の向上
  • 捕獲できる魚の大きさの制限におけるずさんな管理
  • 自然現象:例. 海域における気象変動、捕食者数の変動
  • 魚の数を安定させるための管理の欠如

Go Back   漁業 - イントロダクションに戻る

��������������� : 日本: 政府

日本: 政府

 
To(受取人):
Position(職名):
Address(住所):
E-mail(Eメール):
Fax(ファックス):

First Name(ファーストネーム):
Last Name(姓):
Street/PO Box No(街路 / 私書箱):
Town/City:(都市)
Postcode(郵便番号):
E-mail(Eメール):
Subject(タイトル):
Please enter the text into the field provided:

Reload Image
Enter the characters here:



   トップへ戻る    サイトマップ    規定・条約    @ Informaction for Action 2015
shiir online solutions Bridgetown Hillside Garden Information for Action Luen Shing Metal Mfy Rowland Benjamin – Osteopath Safe Stretch Shiir Shoes Green Pages