Information for Action Contact Details:
Mail address: P O Box 245 6906 North Perth, WA, Australia
E-mail: http://www.informaction.org/index.php?main=helpus_contactus Information for Action is a non profit environmental organization committed to environmental change in our global community. Work on the website began in 1999 by President Rowland Benjamin and is maintained by a group of talented volunteers.

漁業

漁業 解決策

漁業規制により乱獲を制限することができます。海上の船舶数や人数などを含む海上へのインプットを制限する規制や、漁獲量や漁獲期間などの海上からのアウトプットを制限する規制が導入されるべきです。

規制例には以下のようなものがあります。

  • 漁獲数規制(水揚げ量の制限、漁場の所有制限や割り当てを設定)
  • 大きさ制限(漁獲できる大きさを設定)
  • 漁獲場制限(漁獲許可地区とそうでない地区に分ける)
  • 漁獲季節規制(漁獲できる時期とできない時期を設定)
  • 漁獲時間規制(漁獲できる時間とできない時期を設定)
  • 資格制限(資格(ライセンス)がないと漁獲ができなくなる制限)
  • 機材規制(漁獲機材の利用制限)

しかし、残念なことにインプットの制限が期待通り環境保護において機能しませんでした。そこで開発されたのが、海洋保護区(MPA)です。海洋保護区の設置によって保護区内の漁獲や海上活動の多くが制限、禁止されました。さらに、区内で漁獲をする際に守らなければならない具体的な制限が加えられました。海洋保護区の導入は乱獲によって絶滅危機に瀕していた種を効果的に保護することができます。例えば、海洋保護区付近の漁場は保護地区の恩恵を受けることができます。そして、この制度は水産資源の再構築に貢献します。この制度が効果的に機能するためには制度の管理、保護を徹底することが非常に重要であるといえます。

しかし、一連のインプット・アウトプットにおける制限が結果的に乱獲や漁船、漁獲施設における過剰投資、 危険な漁業を引き起こしているという説もあります。

海洋区域の所有権においてあいまいな部分が非常に多いのが現状です。国連海洋法条約は排他的経済水域(EEZ)を定義付けしていますが。しかし、この制度は結果的に過剰漁業や漁師の境界を越えた乱獲を引き起こし、海域における取締りの難しさを証明しただけにとどまりました。入漁許可(証)の要求や特定の漁場における漁獲可能量(TAC)の設定などによる海洋資源への進入や資源捕獲における権利を管理するための様々な対策が取り入れられました。しかし、漁獲可能量は漁獲量を制限しただけで、捕獲方法や捕獲場所における制限は施されていません。結果、必要以上の漁獲設備を所有する漁船が水産資源が豊富な地域での漁獲を行うようになりました。漁師の間で漁獲可能量をめぐる争いが。この争いに勝つために漁師たち身を危険に投じました。漁師たちは漁獲可能量をいち早く満たすために季節の到来と共にいっせいに漁獲を行うために、季節の初めに魚市場に必要以上の魚が溢れ、水産物の市場価格の低下を招きました。しかし、季節の終わりにかけて(多くの漁師が漁獲可能量を満たして漁業を行わなくなるため)水産資源の市場価格の高騰や鮮度の低い冷凍魚しか市場に出回らないようになりました。

個別漁業割当(Individual Fishing Quotas : IFQ’s)制度の導入はいくつかのインプットとアウトプットの問題のための解決策の一つとして考案されました。これは漁獲できる魚の大きさを漁業者別に設定し、漁獲時期の延長をめざします。IFQ制度をうまく機能させるためには以下の条件が必要です。

  • 割り当て量が各漁業者の責任の下で管理されている。
  • 漁業者に永久的な漁業割り当てを与えることによって漁業者に将来的な利用を踏まえた水産資源の保護を助長できている。
  • IFQ制度導入による一時的な不利益が生じる可能性があるが漁業権の一部が地元の水産業に割り当てられている。
  • 割り当ては市場内の取引によって譲渡可能である。
  • 割り当てにおける明確な漁獲量や漁獲可能者を含むガイドラインが作成されている。

このような明確な割り当て設定を行うことにより、漁業競争をとめることができます。同時に具体的な漁獲量や漁獲できる魚の大きさ、漁獲できる時期を設定することによって、漁業者は各目標に向かって漁獲を行い、漁獲における安全、効率性を向上、また、新鮮な魚が一年を通して提供することができるようになりました。実際にこの制度を導入した海域では漁船数が減少したと同時にな新たな漁獲者を市場に引きつけに成功しました。

この漁場管理制度は伝統的な社会で行われていた慣習に非常に良く似ています。多くの太平洋沿岸の島々では漁の権利はその土地に住む家族や部族に託されていました。この伝統的な制度によってその海域を所有する人々は海産資源を責任を持って保護していました。

水産資源を維持するために第一に必要なことは海上のプランクトンレベルを上げることです。小さな魚がプランクトンを食べて大きな魚がその小さな魚を捕食することによって食物連鎖が成立するからです。つまり海上のプランクトンが増えれば結果的に魚も増えるのです。さらにプランクトンは二酸化炭素を取り込むため、プランクトンレベルの上昇は地球温暖化にも貢献します。

漁業設備に関する法律の制定のように、ちょっとした動きで付随漁獲物の削減が期待できます。

過剰漁業は世界規模の問題です。世界の海は1つの国によって所有されているわけではないので、海の恩恵を受けている全ての国々が協力してこの問題における解決策を生み出していく必要があります。

Go Back   漁業 - イントロダクションに戻る

��������������� : 日本: 政府

日本: 政府

 
To(受取人):
Position(職名):
Address(住所):
E-mail(Eメール):
Fax(ファックス):

First Name(ファーストネーム):
Last Name(姓):
Street/PO Box No(街路 / 私書箱):
Town/City:(都市)
Postcode(郵便番号):
E-mail(Eメール):
Subject(タイトル):
Please enter the text into the field provided:

Reload Image
Enter the characters here:



   トップへ戻る    サイトマップ    規定・条約    @ Informaction for Action 2015
shiir online solutions Bridgetown Hillside Garden Information for Action Luen Shing Metal Mfy Rowland Benjamin – Osteopath Safe Stretch Shiir Shoes Green Pages