Information for Action Contact Details:
Mail address: P O Box 245 6906 North Perth, WA, Australia
E-mail: http://www.informaction.org/index.php?main=helpus_contactus Information for Action is a non profit environmental organization committed to environmental change in our global community. Work on the website began in 1999 by President Rowland Benjamin and is maintained by a group of talented volunteers.

戦争と兵器による人類と環境への影響

歴史

化学兵器

Meerkat on War and Weapons page. Image by Information for Action, a website for conservation and environmental issues offering solutions

19世紀になると毒ガスのような化学兵器の大規模な製造が可能となりました。1925年のジュネーブ条約までは毒ガスや細菌兵器の使用は禁止されませんでした。これは、第一次世界大戦(1914-18)に塩素やマスタードガスやその他の化学薬品で何千人という死者とおそらく何百万人もの負傷者を出してからのことです。しかし、この条約はこのような兵器の使用を禁止したのみであり、兵器の製造や所有は禁止しませんでした。多くの国々は化学兵器で攻撃された場合同じやり方で攻撃に応じたり、この条約に著名していない国々に対して化学兵器を使うことの権利を保持しました。

日本は1937年から1945年にかけて中国に対して化学兵器を使用し、中国にこれらの兵器を大量にしかもしばしば水源近くに貯蔵してあったものを残して行きました。第二次世界大戦で戦った他の国のほとんどはジュネーブ条約の規定に従いました。

化学兵器の使用だけでなく開発と製造も禁止する化学兵器禁止条約は、1997年まで著名されませんでした。これは、イラクがイランとの戦争において、また1988年に自国のクルド人市民に対して化学兵器(マスタードガス) を使ったずっと後のことです。この条約にもっと多くの国々が参加するように説得し、化学産業を監視し、化学兵器の破壊を調査し確認するために、化学兵器禁止機関が条約によって設立されました。アメリカ合衆国は2007年までに化学兵器を破壊することに同意しましたが、まだ国内数箇所で化学兵器を保存しています。

生物兵器

生物兵器は「微生物あるいは生きている生物由来の毒」と定義することができます。生物戦争とは、人間や動物や植物を殺したり病気にしたりする目的でこれらの生物兵器を使うことです。

生物兵器の製造、使用、貯蔵は1972年の生物兵器禁止条約によって禁止されていますが、いまだにこの条約に従うことを保証するための正式に合意を得た方策は何も立てられていません。

歴史上生物毒や病気は、戦争でよく兵器として使われてきました。イギリスはアメリカ合衆国を植民地化するために、アメリカ先住民に天然痘で汚染された毛布を与えることによって、天然痘の流行を誘発しました。

地雷

地雷は米国南北戦争で使われましたが、最初に広く使われたのは第二次世界大戦の時です。対戦車用地雷は戦車攻撃に対して開発されましたが、対人用地雷(AP)は対戦車用地雷の近くで地雷の除去を防止するために使用されました。その後地雷は、土地を使用不可能にしたり基礎設備を破壊することによって、一般市民をわざと彼らの町や村から追い出すためによく使われるようになりました。飛行機からまき散らすことのできる小さな地雷は、ベトナム戦争やその他の最近の紛争でアメリカ合衆国によって使われました。ロシアも1980年代にアフガニスタンとの戦争で地雷を使いました。

地雷の生産は比較的安いです。ヒューマン・ライツ・ウォッチは、第三世界と西欧の両方で毎年500万から1000万もの地雷を生産している100 社近くにも上る会社を確認しました。専門家は、世界中で6000万から1億1000万の地雷が仕掛けられていて、1億以上の地雷が貯蔵されていると推定しています。

オタワ地雷禁止条約は1999年に施行され、140カ国が著名しました。クリントン政権下の米国政府は1998年5月にこの条約に著名する意思を表明しましたが、2004年2月にブッシュ政権がこの決断を覆しました。

核兵器

核爆弾は第二次世界大戦の終わりに開発されて、1945年に日本の広島と長崎に投下されました。これらの爆弾による死者数と破壊の規模は多くの人を驚愕させ、これらの爆弾の使用に対する真の恐怖を多くの人に植え付けました。しかし、冷戦期にはロシアやアメリカ合衆国やイギリスやその他の国々は、より大きな核爆弾を生産し、貯蔵しました。今日は、これらの爆弾が実際に使われる可能性は低くなりましたが、間違って爆発する可能性はあります。アメリカ合衆国は、持っている核兵器の多くを警報即発射の状態に保っています。

さらに現在米国は地下深くまで貫通し、守り固められた地下壕を破壊するような小さな核兵器を開発する可能性があります。このようなミニ核兵器は、「バンカー・バスター」というあだ名がついています。核兵器でない普通のバンカー・バスターは、バグダッドとアフガニスタンで使用されましたが、これらは、多量の放射性の埃を出す水素爆弾です。

劣化ウラン

劣化ウラン(DU)は、核廃棄物です。これは、原子力発電や核兵器のためのウラン濃縮過程の副産物です。これは、1990-91年の湾岸戦争以来いくつかの軍事紛争で使用されてきました。劣化ウランは高密度で高い融解温度を持つため、特に戦闘で装甲を貫通する兵器として有効です。しかし、クウェート、イラク、サウジアラビアでの癌の発症率がどんどん高まってきたので、劣化ウランによる健康への危険性が問題視されています。兵士もしばしば劣化ウランにさらされます。

Go Back   戦争と兵器による人類と環境への効果 はじめに


������ - ������ : 日本: 政府

日本: 政府

 
To(受取人):
Position(職名):
Address(住所):
E-mail(Eメール):
Fax(ファックス):

First Name(ファーストネーム):
Last Name(姓):
Street/PO Box No(街路 / 私書箱):
Town/City:(都市)
Postcode(郵便番号):
E-mail(Eメール):
Subject(タイトル):
Please enter the text into the field provided:

Reload Image
Enter the characters here:



   トップへ戻る    サイトマップ    規定・条約    @ Informaction for Action 2015
shiir online solutions Bridgetown Hillside Garden Information for Action Luen Shing Metal Mfy Rowland Benjamin – Osteopath Safe Stretch Shiir Shoes Green Pages